FC2ブログ

寒波でトイレも凍結して困ってしまいますね

上越で婚活
01 /27 2018
会員さんもトイレが凍結して困ったと声が入ってます


ご紹介をしますので

参考にされてくださいね


http://www.wc-trouble.com/trouble/freeze.html

1部コピペしました




トイレが凍結している場合の対処法

もし、トイレが凍結しているようなら、以下の対処法を試してみてください。

トイレに水が流れない場合

水を流すためのレバーやボタンを押してみても水が流れてこない場合、まずタンクがあればフタを開けて中を見てみましょう。タンク内に異物などがあって給水管をふさいでいないかどうか確認します。もしそういった異常がなくて、タンクに水が流れ込んでこない場合は、給水管が凍結していて水が流れない、断水している、給水の元栓が閉まっていることなどが考えられます。

長期間留守にする時などは、水抜きをして給水の元栓や止水栓を閉めている場合があるので、元栓が開いているかどうかを確認し、閉まっている場合は開いて水を流してみましょう。

それでも水が流れない場合は、給水管が凍結している可能性が高くなります。給水管の凍結を解消するには、給水管がどこにつながっているかにもよりますが、見えるところにある場合は、部屋自体を暖めたり給水管にタオルを巻いて少しずつお湯をかけたりするといいでしょう。ただし、急に熱湯をかけると水道管が破裂したりひび割れたりする恐れがあるので注意してください。ヒーターがない場合は、ドライヤーなどで温風を当てるのも効果的です。

トイレから水が流れない場合

タンクから水は流れるけど、排水がされないという場合は、排水管が凍結していると思われます。この場合も、部屋自体を暖めることで少しずつ解消できますが、お湯をバケツなどで何回かトイレに流していくとより効果的です。一気に流しても流れなくてあふれてしまうので、時間をおいて少しずつ流してみてください。だんだん凍結が溶けてくれば、それにつれて排水されるようになるでしょう。

凍結する前にしっかり予防をしよう

トイレが凍結した場合、自分で対処することもできますが、完全に解消するまでは時間がかかりますし、誤った方法でパイプを傷めてしまう可能性もあります。また、気温が上がらず自力で解消することができない場合は、プロの業者に依頼することになるでしょう。凍結すると不便なだけでなく、パイプの破裂やひび割れ、故障などにつながりますので、凍結してから対処するよりは、凍結しないような予防が重要になります。外気温が0度以下になる時や冬場に長期間留守にしてトイレを使用しないような場合には、必ず凍結防止対策をするようにしましょう。

水抜きをする

もっとも根本的な手段が水抜きをすることです。トイレの種類によっても方法は異なるので、必ずトイレメーカーの説明書などを読んで行ってください。 基本的な方法は、止水栓を閉めて給水を止め、レバーやボタンを押して水を流しきります。元栓を閉めただけでは管内に水が残っていて凍結してしまうので、栓を閉めた後に水を抜く必要があります。

トイレによっては、配管の水を抜くボタンやタンクの水を抜く方法がそれぞれ設定されていますし、ウォシュレット内の配管の水を抜く方法もありますので、説明書を参照してください。

便器のヒーターを使用する

ヒーター機能のあるトイレならば、水抜きをした上でヒーターを入れた状態で保温しておけば、より確実に凍結を防ぐことができます。ただ、長期間留守にする場合は、節電や火災防止のために電源は切っておいた方が安心です。ほかにも、配管に直接巻き付ける凍結防止ヒーターなどもあります。

凍結防止剤を使用する

水抜きをしっかり行った場合でも、便器の底には封水と呼ばれる水が溜まっています。これは下水から上ってくる臭気を防ぐための水なので、水抜きの際にも残しておいた方がいいでしょう。ただ、この封水が凍結すると、トイレごと破裂したりひび割れたりする危険性があります。そのため、トイレの封水には市販の凍結防止剤を使用することをおすすめします。これはグリセリンやエタノールなどを主成分とした薬剤で、トイレの封水に混ぜておけば凍結するのを防いでくれます。便器内だけでなくタンクや配管にも流しておくとより安心です。比較的安価なので、凍結が心配な人は準備しておくといいでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

婚活saiko

結婚情報サービスハッピーロードの上越店のメガネのsaikoです。
新潟で婚活をしている方、長岡で婚活をしている方、上越で婚活をしている方へ
ハッピーメッセージです