結婚相談所の選び方

新潟で婚活
01 /26 2017
結婚相談所の選び方は

会員さんが多くいる

紹介してくれるシステムがはっきりしている

あいまいな話がない


システム説明が2時間かかるところは、あやしいです


そんな時間かけなくても、分かり合えます

そんな時間をかけて、誘導されないように気を付けないとですね

2時間は危険

話はせいぜい1時間ちょい

自分が迷っている場合はいいですが

説明するアドバイザーがずっと話している場合


その会社はうさんくさいと判断してもいいですね

システムを聞きに行ってずっと話をしている

話の途中でも用事があるからと言っていったん帰り

後ほど返事をしたいとはっきりと伝えることです


悪気はなくても、長時間に渡り話をされますと

自分の判断がくるってしまいますね

洗脳されて入会してもあとで後悔します



また入会時にクーリングオフの説明をしない業者はだめです

赤字で9ポイント以上の字でクーリングオフについて

と必ず書いてあるので


法律では、その説明を指さしですると決まりがあります

されない場合はいつでもクーリングオフができます


赤い字で記載してあることを確認したうえで、説明もちゃんと受けてくださいね


契約はそのようなところから、始まりますね

後悔した時に、判断がつかない長い話を受けて

あとでクーリングオフとしたいと言っても、

「できません」と平気で話す業者もいるようです

クーリングオフというのは、全額支払いを済ませた後でも

紹介を受けた後でも、8日以内に「解約したい」と電話で言ってから

書面で会社に送ることで、お金が全額返金される法律なんですね


また、入会金が安くても、成婚料があるようであれば

全額たして5万以上になれば、クーリングオフの対象になります

その時の支払いのほかに、成婚してからの費用が決まっているならばクーリングオフはできます

すべてを合算して50,000円以上が対象ですね


あとは、担当者との相性もありますね

威圧的に感じる場合は、入会後も威圧的にしてきますので

自分の気持ちを話しやすいアドバイザーかどうかも大事なポイントです

自分の話をじっくり聞いてくれるかどうか!


結婚相手の選び方の基準も

自分の話をよく聞いてくれる人がいいですね

そこは大事ですね

自分の言いたいことだけをずっと話している人って

相手の話は聞く気がないんですね


もしも、もてたいならば

相手のお話しをじっくり聞いて、聞き上手になること

それもポイントなんですね


ただ、結婚が決まらない、お見合いしてもいい結果がでないことを

結婚相談所だけのせいにしている人も決まりにくいのです


結婚相談所って、結婚できない人が来ても、きまりません、もてない人が入会してももてません

もてないことを人のせいにしたり、原因を外部だけに焦点を当てていると

自分自信の魅力の成長が止まってしまうんです

人間は色んな意味で成長し続けて、魅力的になるんですね

婚活自体、自分がどのように努力をして相手に気に入られるかを

反省し改善をする人になればいいんです


いつもそうだと疲れますから、たまに気合を入れればいいですね


喝!!!!!

ってね






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

新潟で婚活 長岡で婚活 上越で婚活 結婚情報サービスハッピーロード

結婚情報サービスハッピーロードの店長丸山です
新潟で婚活をしている方、長岡で婚活をしている方、上越で婚活をしている方へ
ハッピーメッセージです

http://www.happyroad.co.jp