料理は自分の必殺だけ1つか2つでいいんです

新潟で婚活
02 /27 2017
結婚するのに、料理ができないって悩んでますか

結婚するのに必要なのは、基礎だけですね

お米は水でとぐとか

人参は普通は皮をむくとか

みそ汁は火を消して味噌を入れるとか


昔昔の話ですが


テレビでお米を洗剤で洗っていた・・・なんてのを紹介してました

そういうのがだめで


ある程度常識だけは押さえておけばいいんですね


あとは自分が得意な料理だけあればいいですね

結婚したら、相手の家の味を覚えて多少は合わせて

覚えると喜ばれますね


自分のオリジナルもあり、相手の好みに合わせて食事を作る

うまいくこつですね


自分が食べたいのは作る人だから、特権がありますね

だからこそ、相手が何を食べたいか聞いたり作ったりするとうまくいくかも

しれませんね


ちなみに胃袋をつかむといいと言いますね

でも、その前に料理の見た目も重視するといいですよ

目で食べるっていうではないですか

見た目を工夫しておいしそうであれば、

多少味が悪くてもおいしいもんですね

見た目がおいしそうだと、唾液もたくさん出て身体にもいいようですし



ちなみに、白菜メインの八宝菜を紹介します


材料は

白菜6枚、もやし1袋、豚肉5枚ほど、人参2分の1、ベビ-ホタテ(冷凍可)5こ、長ねぎ2分の1、キノコ適当(シイタケ、しめじ、エリンギ、マイタケets)

ニンニク、ショウガ

調味料 

片栗粉大匙2(コップ2分の1の水で溶く)、かつおなどのパック出、

酒大2  醤油大1   砂糖小1  みりん大1  塩(小さじ2分の1)、塩コショウ(味を見ながらたす)


材料をそろえて、白菜は5センチ×1センチに、ニンジンは薄切り食べやすくお好みに切る、長ネギは、斜めに3センチくらいにどたぎり、



①ニンニク、ショウガはみじん切りで、油でいためる

②豚肉、ホタテを入れて火が通ったら、ニンジンを炒める、焦げやすいのでさらっとでいい

③ほかの具を入れて炒める。軽く・・・5回くらい返す程度

④そこにコップ1杯の水とかつおだし1パックを入れて、煮詰める感じ

⑤すべての具材が火が通ったら、調味料を入れてかき混ぜる

⑥カツオのだしパックは取り出し、塩コショウで味を調える、塩が強い場合は水を足す

⑦片栗粉と溶かした水をまわしいれて、出来上がり


簡単なんですが、試しているうちにうまくなります

決め手は、にんにく、しょうが、だしパック、砂糖、なんです

誰でも美味しくできますよ


砂糖は意外ですよね

甘めが嫌な人もいますが、多少入れた方が味がでますよ


こんな料理を1つ知っていれば、色々アレンジできます

ここに、調味料を全部変えて

トマトピューレの缶とコンソメでもいけますよ

そこにチーズをいれるとさらにおいしくなりますね


結婚で料理は1つ2つちゃんと作れれば・・・

そのうち、何でもアレンジでいけますね


新潟で婚活したい方

長岡で婚活したい方

上越で婚活したい方


結婚情報サービスハッピーロードでも

婚活料理を教えますよ


http://www.happyroad.co.jp


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

新潟で婚活 長岡で婚活 上越で婚活 結婚情報サービスハッピーロード

結婚情報サービスハッピーロードの店長丸山です
新潟で婚活をしている方、長岡で婚活をしている方、上越で婚活をしている方へ
ハッピーメッセージです

http://www.happyroad.co.jp